初めて塗装をする方へ

初めて外壁塗装・屋根塗装するお客様へ

初めて外壁塗装・屋根塗装をするお客様へ

「お家の屋根や外壁がなんとなく色あせてしまっている」

「コーキングのひび割れが酷くなってきた」

このように、お家の屋根や外壁はいつまでも新品同様というわけにはいきません。築年数が経過するにつれて、あらゆる部分が劣化していきます。その中でも自分の目で見て劣化状態がわかりやすいのが、お家の屋根や外壁です。

住宅の中でも屋根や外壁や、常に雨風に晒され、太陽からの紫外線を浴びているパーツなので、実は見た目以上に劣化が激しいことがあります。色あせだけではなく、塗膜の浮きや剥がれも経年劣化により起こりますので、いずれは必ず屋根や外壁塗装は行わなければなりません。

劣化度から判断して外壁塗装・屋根塗装をしましょう

ではこれから外壁塗装・屋根塗装をする場合、どのタイミングですればいいのでしょうか?

一般的には、塗ってから10年程度が目安とされています。新築でお家を建てた場合でも同じです。塗料のグレードにもよりますが、一般的な塗料は10年から15年位を目安に作られており、それ以上の耐久性をもたせる場合は高級なフッ素塗料を用います。

ですが、一律全て10年経過したタイミングで外壁塗装・屋根塗装を行うわけではありません。お家の状態を見極め、劣化度をチェックした上で塗装の依頼をするのがベストと言えるでしょう。

次のような症状で劣化度チェック

劣化度チェック

チョーキング

コーキング(シーリング)の劣化

外壁のひび割れ

雨漏り

屋根のサビ

外壁の色あせ・くすみ

外壁のコケ・カビ

塗膜の剥がれ

雨漏りに関しては、屋根の塗装だけでは防げないので補修などが必要になりますが、それ以外の症状に関しては、劣化具合によってリフォームを実施することをおすすめします。

この中でも早急に外壁塗装・屋根塗装を検討すべきなのが、外壁のひび割れ、外壁のコケ・カビ、屋根のサビ、塗膜の剥がれ、コーキングの劣化。外壁の色あせやくすみは紫外線にやられただけのケースもあるので、劣化自体はしていますが、この中の症状では優先度が低くなっています。

価格だけでなく”仕上がり上手”な業者を選ぶ

仕上がり上手な業者を選ぶ

外壁塗装・屋根塗装は、お家のリフォームの中でも特にトラブルが多く、国民消費者センターにも多数報告が上がるリフォームです。

なぜこのようにトラブルが増えるのか、その理由は単純で、業者が手抜き工事をするからです。

手抜き工事が起こる原因は、とにかく仕事を受注したい業者が、とにかく安い価格で仕事を受けるからです。それを下請け、孫請け、あるいは個人事業主に回すため、当然ながら職人さんに支払う費用が少なくなり、職人さんは数多く仕事をこなさないと稼ぐことが出来ません。

その結果、次へ次へと急いで仕事を回る職人さんが多くなり、塗りの工程を1個省いて仕事をしたり、手抜きをするようになるのです。こうなると10年経たずに屋根や外壁の状態が悪くなり、結果的に損をしてしまうことになります。

ですので、あまりにも安い価格で塗装を請け負っている業者には注意して下さい。安さだけでなく、塗装の質・仕上がりを大事にしている業者を選びましょう。

ご不明点・お悩みがありましたら、当社にご相談下さい

スタッフ2

初めてお家の外壁塗装・屋根塗装をするお客様は、様々な疑問点や不安な点があると思います。お家の状態は専門家でなくてはわからないところもあるので、何かお困り事がありましたら一度ココモリフォームへご相談下さい。

当社には、地元宮城県仙台市で20年以上外壁塗装・屋根塗装を行ってきた塗装の専門家が在籍しています。プロ目線の適切なアドバイスをし、お客様にとって一番納得できるご提案を一緒に考えていければと思っています。

今後とも、宮城県仙台市にあるココモリフォームの外壁塗装・屋根塗装をよろしくおねがいします。